くびこりびょう首こり症候群(病名は頚性神経筋肉症候群(ToT)/~~~)
首の不調を原因とする頚性神経筋肉症候群から、発症する頚性うつは自殺願望を持つ人が、ほとんど言うくらいの恐ろしい病気です。(^_-)-☆
 
精神疾患の大うつ病の患者の自殺率が15%に比べて、はるかに高い数値を示しています。(ーー;)
 
ロンちゃんも42で重いうつ病になり通院しないでよくなるまで、1年2ヶ月かかりましたが、
 専門医が必ず治ると最初に言ってくれたので、自殺を考えたことはありません。(*^^)v
 
一方、頚性うつは。。。。
 さまざまな不定愁訴に苦しみ、いろんな病院でその苦しみを訴えますが、
 どの病院でも
「治療方法はありません」とか、「病気とうまく付き合ってください」と突き放されれば、誰だって絶望します。
 
「こんな状態が一生続くのなら、いっそ死にたい」と思うようになり、体の不調からの自殺が頚性うつの特徴です。(ーー;)
 
症状は精神疾患の大うつ病と似ていますが、まったく異なる病気です。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
 
首こり病外来を専門でやっているところを紹介します。


東京脳神経センターでは、松井孝嘉脳神経外科医が30年にわたる研究で発見した首こり病(頚性神経筋症候群:けいせいしんけいきんしょうこうぐん)の診療を行っています。


過去5年間で2万人におよぶ診断と治療を行い、90%以上の高い治癒率を上げています。


原因不明の不調の原因はストレスではなく、「首こり」の可能性が考えられます(ToT)/~~~
うつ病などの場合は、本人が思い当たるストレス要因があるのに、比べ
頚性うつは、原因が思い当たらないのに、不定愁訴で身体の不調を訴え、どこの病院を受診して改善しないという順番でうつ状態におちいります。怖~い。!!
 
パソコンを長時間集中して使用している方や、
携帯電話でメール、
一日中ゲームをしている方の中には、

頭痛やめまい、吐き気、絶えず疲労感を感じている方も(ToT)/


家庭の中で、誰も気付いてくれない慢性的な苦しみや痛みで日々悩む主婦の方も(*_*;


原因不明の体調不良は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といわれ、その多くは自律神経失調の症状です。


一般的にはストレスが原因とされていますが、本当の原因は「首こり」と言う事が分かってきています。


まづ、自分の首の筋肉が固くなっていないか、手でさわってみましょう。(*^^)v

首の筋肉の異常は、頸椎の中心にある副交感神経の異常を招きます。

副交感神経は、内臓や血管、呼吸器などをコントロールする、もっとも重要な神経のひとつ(*^。^*)


そのため、「首こり」が体の不調をもたらしてしまうのです。


「うつむき姿勢」になってしまう機会が多い現代人の生活習慣病ともいえるのが、まさにこの「首こり病」なんですよ。(*^^)v


頚性神経筋肉症候群からくる不定愁訴(原因不明の体調不良を治療出来る医者は少ないのが、現状ですコアラ(;O;))の症状は
下記のものがあります。

緊張型頭痛、
めまい、
自律神経失調症、
うつ、
パニック障害、
ムチウチ、
更年期障害、
慢性疲労症候群、
ドライアイ、
多汗症、
不眠症、
機能性胃腸症、
過敏性腸症候群、
機能性食道嚥下障害、
血圧不安定症、
VDT症候群、
ドライマウス
 
 
不定愁訴は、耳鼻科、眼科、消化器内科などさまざまな診療科目の症状が出るのが特徴。


各専門医の元を訪れても、病院の検査では、異常が見つからない。

結局は痛み止めなど、“その場しのぎ”の治療をされているのが現状です。

薬をやめればすぐに再発する、症状は一向に改善されません。

なぜならば、副交感神経の異常をもたらす「首こり」の治療が行われていないからです。


首こりが原因と診断されないまま的外れな治療を続けると、症状はさらに悪化し、最終的にはうつ状態になってしまいます。

これは、首こりが原因で起こるうつで、精神うつと区別するために、「頚筋性うつ」と呼ばれています。

今や頚筋性うつは、全うつの90%を超えています。

心身ともにダメになる前に、まずは首こり病の可能性を疑ってみましょう。

 
日本を代表する、脳神経外科、神経内科医が診療する東京脳神経センターでは、頚性神経筋肉症候群の治療を日本を代表する経験豊かな脳神経外科、神経内科の先生方が診療を行っています。

「首こり病」の判断は、精密検査に問診や触診の結果と合わせて総合的に判断しますので、複数の症状にお悩みで、どの外来の診察を受けたらよいかわからない方も、症状に合わせた適切な診断が可能です。

また、生活習慣病である首こり病の原因を探るために、患者とのコミュニケーションをしっかりやってくれますよっ(*^^)v

治療においては、原則、薬を使わない治療法を目指しており、西洋医学と東洋医学を併用した理学療法・鍼を患者ごとにカスタマライズしてやっているそうです。 
 
東京脳神経センター
(電話受付:9 :00~19 :00)
TEL:03-5776-1200
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス2F FAX:03-5776-1201

詳しくは下記のリンクをクリックしてごらん下さい。


頚性神経筋肉症候群の治療