「どの道、吹っ飛ぶ」 東電会議映像 

公開日: 2012/10/05 


東京電力がホームページで一般公開した、福島第1原発事故直後から記録された社内テレビ会議の映像(東京電力提供)


東京電力は2012/10/05  、福島第1原発事故直後から記録された社内テレビ会議の映像約150時間のうち、約6時間分をホームページで一般公開した。


吉田昌郎所長(当時)と東京電力本店社内テレビ会議

爆発を避けるため建屋にたまった水素を抜こうと、

本店幹部が「自衛隊に火器で(建屋の)パネルを吹っ飛ばしてもらえ」と発案←ばか者です。

危険性を指摘され「どの道、吹っ飛ぶぜ」とさじを投げるような発言をする場面もあった。


3号機の水素爆発前には

「もう危機的状況ですよ」

「完全に(核燃料が)露出している状態」

と本店に叫ぶなど、緊迫した様子が克明に記録されている。

TKY201103220050[1]

原子力の課題動画:

柏崎刈羽原子力発電所5号機の原子炉の蓋が開く時

・・・守れるか地球!21世紀エネルギーの道・・・・

日本と世界の原子力を取り巻く課題

1994年3月放送 資源エネ庁単独提供番組

動画の最後 01:46のタイムスタンプから当時の福島第一原発が点検を終えて、再稼動する様子がくしくも写っています。

新潟県柏崎刈羽原子力発電所の概要
imagesJ0O7RQRP

1から5号機 沸騰水型軽水炉 BWR5
1号機格納容器 MARKⅡ(円すい型)

2~5号機格納容器 沸騰水型軽水炉 MARKⅡ改良(つりがね型)

6・7号機  沸騰水型軽水炉 改良型BWR
6・7号機格納容器 鉄筋コンクリート製


福島第一原発の事故を受けて、平成25年11月21日 東京電力株式会社が作成した49ページに及ぶ6号及び7号原子炉施設の変更申請書

読むのは大変だけど、一度は問題点把握の為に勉強しましょう。(^o^)/

柏崎刈羽原子力発電所原子炉設置変更許可申請(6号及び7号原子炉施設の変更)