原子力は安いエネルギーか?①

アップロード日: 2012/01/04 

20年あまり前のNHKスペシャル「今原子力を問う(2)」より

原子力は安いエネルギーか?(アメリカと日本での事例を算出)


原発問題については、今問題になっていることのすべての本質的なことが出揃っていると言える。
原発は安いというのが実はそうではなく、スリーマイル等の事故から、安全対策基準が強化され、生産コストの面からみても従来より15%高くつくようになった。
電力の自由競争をしているアメリカでは、80%まで完成している原発を中止し、コスト計算の結果、天然ガスプラントに変更するところがでた。
新規の原発着工も無くなった。

一方、日本の場合はコストが消費者の支払う電気料金にハネ返ってくることなどが的確に指摘されている。
発電前の原発設備投資にかかる利子の半分(日本の場合に右の赤い部分)が現在の電気料金に跳ね返る仕組みとなっている。
安全対策で設備投資と期間が多くなるほど、電気料金に跳ね返る分も過大となる。

images[6]

原子力は安いエネルギーか?②

原子力は安いエネルギーか?③
原子力は安いエネルギーか?④