images9FWFR5DB
泉田裕彦・新潟県知事が、「原子力発電所の安全対策における懸念について」と題して日本記者クラブへ話し、記者の質問に答えた。
公開日: 2013/08/28 


全7基が停止中の東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に向けた動きが本格化してきた。
原発立地県知事は法的な権限はないとはいえ、再稼働をめぐる判断には大きな影響力を持つ。

「東電に原発のオペレーションができるのか」
「原子力規制委員会は原発の性能だけをみるのが任務ではない。なぜ住民の安全確保のために前面に立とうとしないのか」

知事からは東電、原子力規制委員会に対する厳しい批判が続いた。
こうした主張は福島第一原発事故後、一貫している。

柏崎刈羽原発の再稼働に対しては「福島事故の検証と総括をした上で対策を講じ、議論するという順番が必要」との見解も変わっていない。

東電は2002年に発覚したトラブル隠しで立地地域の信頼を失い、07年の中越沖地震では、施設が広範囲に損傷し、住民に大きな不安を与えた。
住民の東電に対する不信が消えていない中で福島事故は発生した。

福島事故の対応拠点「免震重要棟」は、新潟県が中越沖地震の経験を基に東電に設置を求めた施設と知事は強調した。
中越沖では事故対応の部屋が地震によって扉がゆがんで開閉不能になり、新潟県庁と柏崎刈羽原発のホットラインが途絶えたからだ。

「福島第一原発に免震重要棟がなければ、東京を失っていたかもしれない」とも口にした。

「問題点が分かっているのに口をつぐむことは、自己保身としては楽だが歴史への背任になる。問題点に気付いたら発信していく」と語った。


元東電社員木村俊雄氏:原発再稼動 わたしはこう思う

公開日: 2012/04/16 
まだ運転できる段階にないと思う
ほとんどの重要機器が格納容器の中に入ってるわけだから、そん中がまだ近づけない状況において
故障原因もどれがどのくらい壊れたのかさえもまだ洗い出してないのに
格納容器の蓋さえも開いてない状況で
安全だ妥当だってよく言えるもんだよね

発電所の運転管理する上では
例えば運転日誌を書き換えたりとかそういうことはやってましたね
都合が悪い時はコンピューターにアクセスして書き換える
でも書き換えても(規制側は)わかんないんだよね技術力がないから
もう東京電力に手玉にとられてますよ規制側は

91年の10月30日に福島第一の1号機で海水漏洩があり、タービン(建屋)の地下一階にある非常用ディーゼル発電機が水没して機能喪失しました
「津波が来たら大変じゃないか」と「メルトダウンするんじゃないか」と言ったら
上司は「その通りだ」と「鋭いよね」って褒めてくれました
これは安全審査やってる裏方の中では津波を過酷事故の(想定の)中に盛り込むのは実はタブーなんだと
その言葉を聞いた時に愕然としたしそんなもんなんだなと、
耐震の指針とかもきちんと世界の地震学の定説にフィットさせて作った時には日本の国土には原子力発電所は造れません
知ってるのに知らないふりしてるんです
少なくとも電力会社の人間は知ってるはず


(保安員など規制側は)
原子炉理論とかに関しては原子炉工学部を出てれば詳しいかもしれないけれども、実物は実物を動かし、見た人間じゃないと分かんないわけだから
そういう意味では全くのずぶの素人
ストレステスト自体の評価手法も甚だマンガのような世界だし
保安員がどのくらいの技術力を持ってるか甚だ疑問だし
そういった人間達、しかも政治家も一緒になって判断してること
原子力安全委員会だって本当はまだ駄目だよと言ってるわけじゃないですか
だからそれが一番もっともな答えであり、理屈抜きに再稼動はあり得ない!


田中俊一・原子力規制委員会委員長が会見し、記者の質問に答えた。 公開日:2013.8.29

初代の原子力規制委員会委員長に就任して9月で1年。
反原発派からは「原子力ムラの人間だ」
「再稼働のために新規制基準策定を拙速に進めている」と糾弾され、
原発推進派からは「活断層の評価などで独善に陥っている」
「議論の進め方が強引だ」などと批判される立場に立つ。

スピーチでは、東京電力福島第一原発事故の反省に立つ新規制基準のポイントを解説した。
過酷事故対策や「バックフィット」と呼ばれる既設炉の改良が事業者の自主的な取り組みに任されていたことなどの問題点を指摘し「バックフィットは世界では当たり前だったが、日本は数十年、世界に遅れていた
「安全文化確立の責任は事業者にあるとの認識が経営者に欠けていた」
との厳しい指摘が再三、飛び出した。

委員会発足以来、毎日のように開かれる会議の中でも、歯に衣着せぬ言葉で事業者をやり込める。
その硬骨漢ぶりが垣間見えるスピーチと質疑応答だった。

だが、就任当時「何よりも重要だと考える」と話した福島の被災住民の安全と安心を実現するための取り組みはようやく緒に就いたばかりだし、海洋への流出が国際問題となりつつある汚染水問題への取り組みの遅れも指摘されている。
「今、一番心配なのは、いまだに自宅に帰れない人が15万人もいること」と苦渋の色をにじませた。

諸外国に大きく遅れを取った原子力安全規制のレベルを引き上げ、事故で地に落ちた安全規制への市民の信頼を回復するまでの道のりはまだ遠い。


この二人の手腕が原子力の安全にどれほどの影響を与えるが見守りたい。(^o^)/