images5ENA8KMY
運動の前後には、必ずストレッチをして怪我の防止や疲れを残さないようにしましょう。(*^^)v

ストレッチは体をリラックスさせるのに有効なので、家でもあいた時間に無理せず出きるのを3つ選んでみました。(^o^)/

反動をつけずにゆっくりと、呼吸を止めないで
体を伸ばしてみて下さいね。

やってみると、意外なところの柔軟性が無いのがわかると思うので無理なく、少しずつやってみましょう。(*^。^*)

最初から、全部のストレッチ動画をやろうとするのでは無く、どれでも自分にあった動画でやってみて下さいね。
ロンちゃんのお好みは最初のダンサーの為のストレッチです。
音楽が流れるなか、女性インストラクターの声を聞きながらやると、なんだか癒されます。
ジムで一人でやるストレッチとは一味違います。(^^♪





ダンサーや初心者の為のストレッチ

全身のストレッチ

運動の後のクールダウンに(*^^)v


ストレッチ(英: stretching)とは、
体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすこと。
筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、いろいろなメリットが。

1.筋肉ならびに結合組織の柔軟性の改善
2.筋肉の緊張緩和
3.血流改善
4.神経機能の向上
5.筋萎縮の抑制

などの効果があり、これらは筋痛の緩和や関節可動域の改善、ひいては身体パフォーマンスの改善、障害予防などのメリット。




なお、ここでいう筋肉とは骨格筋のこと。

はじめに筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐため。
筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られ脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に収縮。
例えば、筋肉の柔軟性の不足した状態で競技スポーツを行うと捻挫や肉離れを起こしやすく危険であるが、ストレッチにより柔軟性を改善すれば怪我をしにくくなる。

また、同一姿勢をとり続けるなどして筋肉を動かさない状態が続くとその筋肉の柔軟性が失われるが、ストレッチにより回復することができる。


実施にあたっての注意
無理に筋肉をのばそうとすると筋肉や腱を痛める恐れがある。
ともすれば他人と比較しがちであるが柔軟性には個人差があり、また男女の差もある。

段階を踏みながら自分に合ったことを継続し、毎日続けることが重要。

筋肉は温度によって柔軟性が異なる。
冷えた状態では硬く、適度に温まった状態のほうが柔らかい。
筋肉が適度に温まった状態でストレッチを行うことが好ましい。
例えば、前もって軽い運動をしておくとよい。

また、入浴後のストレッチを日常的に。

リラックスして行う
精神的な緊張は筋肉も緊張させる。
また、呼吸を止めると筋肉が緊張する。

ストレッチを行うときはリラックスして呼吸を続ける。
怪我をしたときは行わない例えば捻挫をしたとき、骨折したときは損傷した筋や神経等の組織の炎症を広げる可能性が高いため、当該部位のストレッチを避ける。