images1Q3AVW4U


今日(10月1日)から「リバティ狭丘」で待望のZUMBAのレッスンが始まりました。!(^^)!
住所は武蔵藤沢駅から、徒歩で行ける入間市東藤沢2-1-26(
04-2963-6373)なので、興味がある人は一度見に来て下さいね。

ZUMBAを含む、cardioダンス(心拍数を上げて、シェイプアップをするダンス)で、全身をまんべんなく動かして、楽しみましょう。

音楽の乗りの良い物を紹介します。(*^^)v
ジムに行けない日も、紹介した動画をノートパソコンからHDMIケーブルでテレビに繋いでやると、大きく映るので一人でもインストラクターを見ながら出来ますよぉ~。
ロンちゃんは40インチのテレビに出力させています。(*^^)v

動画選定で注目したのは関節周りを良く動かしている物を選んでみました。(*^^)v

必ずストレッチをして、身体の準備を十分にしてからやって下さいねっ。<(_ _)>
いきなりやると、ギックリ腰とか関節痛になりますよぉ~(ToT)/~~~
関節の可動域は、人それぞれヽ(^o^)丿
自分の関節の動く範囲を把握して、身体を痛めないようにしましょうね。・・・・・コアラ。。。ヽ(^o^)丿

動き易いウェアで、タオルと水を用意してから始めましょう。
けっこう汗をかきます。ヽ(^o^)丿

エアロビックダンスと違って、いちいち説明は無いし、曲毎に違う動きになります。
無理して、インストラクターの通りにやらなくても、自分の出きる範囲で踊るのは自由です。ヽ(^o^)丿

動きの中で重心がどこにあるか段々に慣れていきましょう。
重心が乗ってない方の足を素早く動かす時は腹筋と背筋をバランス良く使うと、旨くいくと思います。ヽ(^o^)丿
インストラクターが、体幹のどこの関節を動かしているか良くみましょう。

手先と足先だけを動かしても、何の役にも立たないので、ご注意を。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
体幹(腰から肩までの胴体部)を動かしてこそ、効果があがります。(*^。^*)
昨年の10月1日から、一年間。。(^o^)/
月曜から金曜まで「リバティ狭丘」で運動をサボらずにやるようになって、体重も減って、BMIは22.6まで落ちました。
ZUMBAで更に改善される期待大(^o^)/


ほとんどのダンサーが良い体形で、発達した筋肉と心拍数を上げる練習をしています。(^o^)/
普通の人はダンスに1日あたり、4時間以上かける余裕はありません、
cardioダンスは変化にとんでいて、ラテン、アフリカン、バレエ、その他の様々なタイプのダンスの動きで構成され、消費エネルギーが大きくなるようになっています。
cardioダンスの特徴は心拍数を目標とする最大値に持っていく過程を調整する必要があるところです。

cardioダンスをする人は目標心拍数を超過しないように調節することができます。
調整のやり方として、腕の動作を入れない、より少ない力でダンスをする、あるいは練習の間に短い休憩を自分で適当に取るなどにより調整します。

cardioダンスの内いくつかは短いルーティンを教える時間を取ります。
これはダンスするのが楽しく感じさせてくれる反面、ダンス経験が無い人は気持ちをくじかれるかも知れません。
でも心配は無用です。段々に慣れます。
今年64才♂のロンちゃんでも楽しくやっています。(*^^)v

cardioダンスなので、普通のダンスよりはリズム取りが簡単になっています。
どの動画でも好きなのを選んで、
無理をせずに、最初は比較的小さな動きでやって下さいね。
普段まるで、動かしていない関節や筋肉を急に動かすと故障の原因になりますよぉ~(ToT)/~~~


Varzesh

VARZESHは、Tanory Ateekさん振り付けのペルシア音楽による、ヨガ、ズンバ、エアロビクスおよび文化的ダンスのコンビネーションです。

ZUMBA -
CAIPIRINHA - FITNESS FIESTA



Francesca Maria's Zumba version of J-Lo's Dance Again



最後にセクシーなダンスをどうぞ(^^♪
"Hot Summer"
 POP Cardio Dance Workout

あなたはこのcardioダンスが好きになるでしょう。
本当の事を言うと、これはHIITワークアウトよりハードです。
歌: Andrea Godin - Hot Summer (Ken Waters リミックス)

本当です。
ダンスの振りを覚えて、その後、何度もそれを繰り返し行います。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
分かってもらえたでしょう。ヽ(^o^)丿
成功を祈ります!



注:HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)とは、高強度インターバルトレーニングといいます。
陸上競技の練習法として生まれ、その脂肪燃焼効果が多くの研究によって証明されてフィットネスの世界でも注目されるように。

最大心拍数の90%程度の高強度の運動を一定時間行ったあとに、低強度の運動または完全な休息をとるということを繰り返す形式のトレーニングです。