起きて活動する時は、交感神経が優位になっています。
寝る前の準備として、副交感神経が優位になることで、眠れるわけですが、、、、

忙しい日々が続いたり、緊張状態が続くとなかなか上手にシフトチェンジしてくれません。
交感神経が高ぶったままですと筋肉は緊張し、血流が悪くなり質の良い睡眠は取れず疲れは溜まっていく一方です。

寝付き良く、ぐっすり眠ることで身体のメンテナンス機能はしっかり働いてくれます。
特に季節の変わり目など質の良い睡眠で疲れ知らずになりましょう♪



寝る前の寝付きが良くなる安眠おうち夜ヨガ 
自律神経を整え睡眠の質が上がってグッスリ☆ 


10分安眠ヨガで不眠から解放される【おやすみヨガ】


安眠ヨガ part2 深い眠りで美人になろう!